バニラセックスの極み。ドライオーガズム

中性的な美術ヌードモデルの春海です。

今回は、ちょっとエッチな内容なので、18歳
未満の方はご遠慮ください。

僕は、中性的とはいえ男の子。そんな僕には、
彼氏がいます。つまりゲイという訳ですが、僕
達のセックスは、ゲイに付き物のアナルセック
スは、しません。
でも、日々のセックスの営みは、欠かせない愛
情表現となっています。

では、二人の性生活は、どうなっているのでし
ょうか。気になるところですね。

では、僕が彼とのセックスで体験している射精
を伴わない所謂「メスイキ」ドライオーガズム
について、詳しく書いていこうと思います。

 

彼氏と二人で裸族生活

僕が彼と出会ったのは、以前書いた記事に詳し
く載っています。
「デートの相手が男の娘だったら」

始めてのセックスは、デートを重ね、僕が彼氏
のヌードモデルを始めたあたりからが切っ掛け
で、僕の身体に触れられ感じてしまったことか
らです。その流れで僕もフェラチオでお返しを
してセックス成立となりました。
「ヌードでデート?男の娘で同性愛を体験」

彼も僕も、痛みを伴うのと、衛生面の理由から
アナルへの挿入には消極的で、もっぱら僕が彼
に愛撫されて射精し、今度は、僕が彼のアレを
フェラチオするといった感じの挿入を伴わない
バニラセックスです。

彼は、僕を半分女性として扱っています。もち
ろん性器には触れるし射精もさせてもらってい
るけど、触れ方とか愛し方は、女性を扱う感じ
と同じです。

現在、僕は、彼と半同棲生活を送っています。
週の半数は、彼の家で生活しています。

その中で、僕の日常である「裸族生活」を彼の
家でも実践する様になりました。
当初のお付き合いのうちから、僕が裸族なのも
ヌードモデルなのも話してありました。
僕は、日常家では、ほぼ裸で過ごします。仕事
も裸なので、一日の大半が裸なのも珍しくあり
ません。

彼も、僕の裸体を常に見られるので大喜び。
そのうち、彼も裸族に仲間入りしてきました。

始めは、照れくさそうにしていたのに、今では
堂々たる自然体です。彼も、裸で過ごす解放感
に満足しているみたいです。

僕の影響か、彼も無駄毛を処理してツルツル。
アンダーヘアもほどよく手入れし、陰嚢(いん
のう・たまたまの袋)は、ツルツルです。
さすがに脇の下は、そのままです。
無駄毛って、無いほうがセックスの時に気持ち
いいんですよね。感度が上がります。

裸って、それだけで開放的な気分になれます。
それが、愛し合う二人が同時に裸族生活をする
ので、互いに心が解き放たれている状態。

普通は、セックスをする時に裸になるものです
が、僕たちは、常に裸な状態なので、日常的に
セックスをしているみたいなものです。

男性は、視覚的にも発情するので、僕たちは、
常時、発情状態です。
僕は、元々ゲイではなくバイセクシャルなのか
と思いますが、今では、彼の立派な男性器を見
ると思わず女性のように興奮してしまいます。

彼も、ゲイというよりバイセクシャル。男の娘
の僕の女性的な感じに惚れたみたいです。
そして、女性的な裸を気に入っているみたい。

僕を見る彼の視線は、常に熱く愛を感じます。
なので、自然とセックスに移行することも、し
ばしば。回数は、多い方だと思います。

何度もセックスするのは、疲れるけど、気持ち
いいので、これも裸族生活の賜物です。

裸は、常に気持ちいい状態が続いている感じ。
触れなくてもセックスをしている気分です。

そのためか、僕は、視姦されている感覚で、そ
れが、なんとなく楽しい気分です。
見られて感じちゃうこともあるくらいです。
ジッと見つめられるだけで、その後に来るセッ
クスを連想して互いに勃起しちゃうことも。

8.5㎝ほどに勃起した僕の色白のアレは、よ
うやく少しだけ包皮の間から桜色の亀頭を覗か
せる感じ。彼は、そんな僕のアレが、とても可
愛いと大好きな様です。
それに対して彼のアレは、薄褐色で、太く長く
完全に剥けた亀頭がカッコいい感じ。思わず、
むしゃぶりつきたくなります。

と、裸は、エッチな気分になりやすい。

普段、美術ヌードモデルで裸になっているのと
彼の家で裸になっているのは、明らかに何か違
います。

そこには、おそらく「愛」が満ち溢れているこ
とが影響していると思います。

彼は、僕の裸の姿を見るのが、至福のひと時。
そんな目線で熱く見られると、僕もジ~ンとき
ちゃいます。

そんななので、彼が自宅で仕事をしている時は
僕は、あえて気が散らない様に服を着ます。
彼も、しぶしぶ?服を着て仕事モードへ。

すると不思議なことに、外界の世界とリンクし
て普通?の生活に入れ替わります。

それだけ「裸」って、魔力というか魅力という
か、不思議なオーラを持っている気がします。

 

僕たちのセックス事情

sex

前置きが長くなりましたが、本題に入っていき
たいと思います。

僕たちは、常時裸なので、セックスに移行する
のは、一瞬のうちです。

まずは、熱い口づけからはじまります。
始めは、軽いフレンチキスの応酬です。
彼は、僕の唇をいたく気に入っているので、ま
るで外国人の様にキスに時間をかけます。
彼も僕もキスが大好きです。

そして、口づけは、耳や首筋、鎖骨へと、ゆっ
くり優しく移行していきます。
首筋を這う様にキスされると、全身にゾクゾク
した気持ち良さが流れます。

そして、いよいよ僕の一番感じる部分、乳首へ
のタッチへ。

僕は、この瞬間がとても好きです。

乳首にそっと触れられた瞬間、まるで電流が流
れた様に快感が走ります。
そうすると、みるみる内に乳首が硬くなり、乳
輪周囲のプツプツも硬くなり乳輪も全体的わず
かに硬く膨らみます。

彼は、丹念に指で軽く刺激した後で、優しく首
筋に舌を這わせながら、流れる様に胸へ、そし
て乳首や乳輪を丁寧に舌で愛撫していきます。
乳輪の周囲を舐めまわし、乳首を吸われると、
たまらなく気持ちいいです。

乳首を舐められたり吸われている時は、気持ち
良すぎて喘ぎ声出しまくりです。

僕は、乳首がスイッチの様に、乳首に触れられ
た瞬間、同時に股間もムズムズしてきます。

乳首をいじられただけで、触れもしないのに、
アンダーヘアが全く無い、小さな包茎で色白な
可愛いアレがピョコンと精一杯に勃起してしま
います。

彼は、僕の体中を触り、気持ち良く導いてくれ
ます。そして、じらすようにアレに触れるのは
暫く放置されます。

僕のアレは、大量に余った包皮から少しだけ顔
を覗かせた桜色の亀頭の先端の割れ目から、こ
れでもかっというくらい透明な粘液を溢れ出し
糸を引いて滴り落ちています。

そして、内太ももや会陰(えいん・タマタマの
袋と肛門の間の部分)や陰嚢(いんのう・タマ
タマの袋のこと)をじらすように優しくサワサ
ワと愛撫します。

そうすると、ゾクゾクッとした快感が走り、つ
い「あっ、あぁっ」と喘ぎ声を上げながら身を
くねらせて、シーツとかクッションをギュッと
強く握りしめてしまいます。

先に結論から言うと、この状態を維持しつつ乳
首への刺激を続けると、僕は、射精しない状態
でイッちゃいます。

乳首を優しく舐め、僕が身体をギュッと硬くし
た瞬間を見計らって激しく乳首を舐め続けると
急に股間がムズムズしてきて、次の瞬間には、
まるでジェットコースターが、頂点から落ちる
瞬間みたいなフワッと浮く様な且つ強烈な快感
が、全身を貫きます。

あまりの気持ち良さに腰を振って「んんっ、あ
あっ~イク~!!」と激しく身もだえしてしま
います。

この時、不思議なことに射精は、しません。

なのに、射精の10倍以上も強い気持ち良さが
ジワ~ッと鋭く全身に広がり気持ちい感覚に満
たされて至福のひと時です。

これが、彼の連続的な刺激で何度も訪れる。
「ああぁっ、ダメッ、壊れちゃう!」
と言いながら、身をくねらせ腰をガクガクさせ
ながら、鋭く豊かな快感に身を委ねます。

射精は、一瞬、10~20秒ほどの快感ですが
ドライオーガズムは、それが長時間以上に渡っ
て続く感じです。

そして、ドライオーガズムを何度も得た後、射
精するのですが、次の様に別れます。
ひとつは、彼が僕のアレをいじった場合。
もうひとつは、指一本触れていないのに、自然
に精液が溢れてくる場合です。
もうひとつは、全く射精を伴わないケース。
(詳しくは、後半で)

と、いきなりドライオーガズムの瞬間ですが、
これは、彼とのセックスでは、割と最近のこと
です。

以前は、乳首攻めのあと、普通通りにアレを上
下に擦り通常の射精に導かれていました。

じらして楽しむのが長時間になったため、偶然
というか必然的にドライオーガズムを見せるこ
とになってしまいました。

はじめ彼は、僕の身もだえしながら激しく喘ぎ
声を上げてイクッと、腰をくねらす姿。しかし
射精はしない。その不思議な現象に驚いていま
した。

「ああ、これがドライオーガズムか」と、彼が
理解した後は、もう僕のメスイキに夢中です。

そして、どのみち僕が、何度もイッた後で、今
度は、僕が彼のアレを口で丁寧に愛撫し、口内
に、たっぷりと射精してもらいます。
僕がイクのを見て興奮しているのか、彼のアレ
はギンギンに勃起して濡れています。

という具合に僕達は、セックスをしています。
彼にとっては、僕をイカせるのがメインで、最
後の仕上げにフェラで射精という具合です。

あと、僕の裸を見ていて彼が、勃起してしまっ
た時も、僕は、口で優しく愛撫してあげます。
彼って、絶倫なので、何回でも射精します。多
い時は、一日で8回もフェラチオをしてあげま
した。5~6回以降は、少なくなるけど、ちゃ
んと、ちょっぴり射精するんです。

彼は、乳首は、あまり感じない様です。くすぐ
ったい感じみたいです。が、僕は、それでも彼
の小さな乳首を舐めてあげています。
いつか、彼も開発されて気持ち良さが、もうひ
とつトッピングされることでしょう。

 

ドライオーガズムは、無限ループ

波

僕たちの日常のセックスを先に紹介したうえで
今度は、ドライオーガズムについて、ちょっと
詳しく書いていきます。

因みにドライオーガズムとは、男性が射精を伴
わずに女性の様にイクことで、射精を伴う場合
ウエットオーガズムといいます。

ペニス以外の性感帯でイクのが特徴です。

射精無しで感じる所謂「メスイキ」に近い不思
議な現象です。

感じるポイントは、乳首、前立腺、会陰、耳や
首筋、そして脳イキ。最後のは、音や声だけの
妄想だけでイク究極のオーガズムです。

一般的には、乳首への刺激、前立腺を直腸から
刺激して所謂メスイキに導きます。

僕は、乳首そして、会陰や陰嚢への刺激でドラ
イオーガズムを得られます。首筋への刺激も効
果的です。乳首だけでイクことも可能です。

乳首だけでもイクことが出来ますが、乳首の愛
撫をたっぷりした後で、そっと優しく、毛の無
いギュッとした陰嚢の縞模様を撫でられると、
爆発的にメスイキが生じます。
ここも強い性感帯のようです。

実は、僕、ドライオーガズムを覚えたのは、オ
ナニーなんです。
あとは、男の娘でレズの女性とレズとして挿入
しないセックスを経験した時なんです。

先ほども、僕は乳首が敏感だと書きましたが、
月に3~4回する(最近は皆無)オナニーでは
メインに乳首をいじります。

大きな鏡の前で全裸の自分を写しながら、それ
を見ながら両手で乳首をいじりながらオナニー
をします。
自分を見ながら興奮するなんて、まるでギリシ
ャ神話のナルキッソス(ナルシストの語源)み
たいですね。

乳首をいじってほどよく感じてから陰嚢(タマ
タマの袋)を丁寧に触り、アレを上下に擦って
最後には、射精をします。

そんなある日の事、アレに触れずに乳首をいじ
り続けていた時のことです。
30分くらいだったでしょうか、急に、身体が
こわばり、おしっこが出そうな感じがして次の
瞬間、急にフワッと宙に浮く様な感覚を覚えま
した。
「ああっ、だめっ、イッちゃう!」
この時は、射精ではなく放尿かと思いました。
ヤバイッと、思いました。
ところが、何も出ません。
思わず、一人声を上げてしまいました。それは
射精の時に味わう感じとは、明らかに違う強烈
なものです。

ギュッと一瞬強張った後で、全開放するような
感じ。気持ち良さが怒涛の様に押し寄せ電流が
足の先から頭の天辺まで走った感じです。

そして、ジワジワと気持ち良さが全身に走る中
やや遅れて尿道に違和感を覚えました。
そして8割ほどに勃起した(イキの強さで、や
や弛緩している)ペニスから、ピュルルルッ、
ドロドロッ、ドロドロッて感じで濃厚な精液が
尿道口から、予想以上に大量に溢れ出てきたの
です。

いつもの射精感は無く、押し出されてくる感じ
です。指一本もアレに触れずに精液が溢れ出る
様は、妙な感覚でした。

「トコロテン」って言うらしい現象です。

普通の射精のようなスッキリ感は、ありません
が、それ以上に身体が気持ちいい。

そして、射精後に急に冷めた感じになる「賢者
タイム」がきません。気持ち良さが、長く持続
している感じです。

この時は、射精してしまったのですが、あまり
の気持ち良さに、乳首を続けて刺激すると、さ
っきより乳首が何倍も敏感になっていて、10
分くらいで、またイク感じが来ました。

あまりの気持ち良さに一人腰をくねらせ悶絶。
頭の中が
真っ白になり強い光に包まれていく感
じです。

この時は、アレは、やや勃起した状態で、透明
な粘液を溢れさせているだけで射精は、しませ
んでした。

でも、射精しなくてもその10倍は、気持ちい
感覚。それが、じわ~と長く続く。
「はぁ、はぁ、はぁ、キモチいい・・・」
思わず独り言を言いながら息を整えます。

「女の子って、こんな感じなのかな。」
ふと、そんな言葉が漏れました。
この時は、ドライオーガズムという言葉も知ら
ない時です。

自分でもビックリの気持ち良さです。

乳首オナニーで、性感帯の開発が、知らず知ら
ずのうちに進んでいて、偶然ドライオーガズム
を得た様です。

と、思わぬことからドライオーガズムを覚えた
僕。以来、オナニーは、回数は少ないですが、
陰茎を擦らずに楽しむ様になりました。

彼氏とセックスする様になってからは、一人で
のオナニーは、まったくしていません。
それだけ、彼とのセックスが充実しているのだ
と思います。

彼にオナニーを撮影のために、せがまれて見せ
ることは、有ります。でも、セックスでイクほ
うが圧倒的に多いです。

普通は、中々乳首だけで射精したりイクのは、
難しいのですが、僕の場合、元々乳首が敏感で
開発が進んでいたのが、ドライオーガズムを得
やすい身体になっていたようです。

ドライオーガズムは体質によることが大きいみ
たいです。誰でもが、簡単には会得できない不
思議な、男性の、もうひとつの快楽です。

その仕組みは、科学的にはいまだ解明されてい
ない神秘の世界です。

それから、一度だけ、レズの女性と挿入を伴わ
ないセックスをした時も、乳首や身体中の性感
帯を刺激され何度も何度もドライオーガズムを
得ることが出来ました。

この時は、相手は、女性なので乳首のツボをよ
く知っているので、その巧みな指使いや舌捌き
で、見事に何度もイカされてしまいました。

散々メスイキされて僕は、あまりの快感にまど
ろみ、最終的には結局、眠りに落ちた後で夢精
をしてしまいました。

自分でやるのは、体力的にというか精神的に連
続イキは、数回止まりですが、他人にイカされ
ると、何度も何度も、もう「壊れそう」になる
だけ連続でドライオーガズムを得ることができ
るのを知りました。

彼とのセックスも、何度もドライオーガズムを
得てから、仕上げにトコロテン射精でフィニッ
シュという感じです。
射精しても、普通の射精と違うので、まだまだ
イケそうな感じがします。

そう、ドライオーガズムは、他人の力を借りれ
ば射精と違い、無限ループで何度でも味わえる
究極の快楽な
のです。

その様子を次に書いていきたいと思います。

 

彼も好きな僕のドライオーガズム

感じている

僕の彼は、割と最近、僕がドライオーガズムを
得ることを知ったのですが、それ以来、射精よ
りドライオーガズムで僕がイクのを見るのが、
何よりの楽しみになってしまいました。

身を捩じらせ、快感に耐えて可愛い喘ぎ声を上
げている姿を見るのが楽しみであり、それその
ものに興奮するみたいです。

男性が、女性をイカせたい衝動とあまり変わり
ありません。

僕のドライオーガズムを知った彼は、僕の身体
の性感帯について深く研究しています。
どこをどうしたら、より感じるのか。
「どう、気持ちいい?」
「う、うん。あっ、だめっそこ・・・」
「感じる?」
「ああっ、気持ちいい・・・」

太ももの内側、わき腹、下腹部、脚、そして背
中と、感じる場所は、無限にあります。

こうした会話もまた、気持ちいものです。

という具合に僕をメスイキに導いていきます。
ドライオーガズムのほうが、強く感じるので、
僕の可愛いアレには、敢えてほとんど触れてき
ません。

僕は、両手でクッションやシーツを掴み、仰向
けで軽くM字に脚を広げ、のけぞるように身を
よじらせて、彼の全身への愛撫の気持ち良さに
溺れていきます。

それは、まるで女性のようです。
彼は、そうした僕の女性的な感じ方に魅了され
丁寧に愛撫を続けることに余念がありません。

乳首を舐めながら、片手で会陰や陰嚢をサワサ
ワと優しく触れて気持ち良さを倍増させていき
ます。手足の指先にギュッと力が入ります。

そしてピンクローターを会陰や陰嚢に軽く押し
当てて
くるのも、とても気持ちいいです。
乳首や乳輪への刺激も気持ちいい。

これは、とても効果的です。

ピンクローター

この小さな可愛い器具は、僕と彼とのセックス
で、今や必需品となっています。

この楕円形の振動する部分を会陰に強く押し当
てると、前立腺に刺激が伝わります。
ジワ~ッと気持ち良さが伝わり、股間の奥から
ムズムズした感じが湧き出してきます。

そして「ああぁっ、イクッ!」と腰をガクガク
させてイッた瞬間を見るのが、なによりの楽し
みで満足感があるそうです。

イッて、ヒクヒクしている僕を更に乳首を刺激
して愛撫は、止まりません。
イッた直後って、全身が敏感で特に乳首は、敏
感の固まりです。イッた余韻の中で再度触れら
れると、一層気持ちいい感覚が湧き上がってき
ます。

余りの気持ち良さに「ちょっと待って・・・あ
あん、ダメッ、触らないで!」と言っちゃう時
もあるけど、彼の手や舌先は止まることを知り
ません。

「あっ、あっ、ダメッ、壊れちゃう、んんっ、
あああっ、イクッ~!!」

彼は、快感の波が押し寄せて喘いでいる僕の姿
に最高の興奮を覚えるようです。

「イヤよ、イヤよも、好きよの内」と言います
が、僕も、完全に感じてしまっている時の連続
攻撃?は、怖い反面気持ち良さの誘惑に負けて
受け入れてしまいます。

彼が数えた結果、一度のセックスで、僕がイッ
た回数は、最高で7回だそうです。
通常は、4~5回ですが、女性がイクのも1~
2回が大半だというのでだというので多い方か
と思います。

一回のセッスですよ!射精なら、とてもそんな
にイクことが出来ません。

射精で終わりが無いので、一度のセックスが、
1時間半~2時間におよぶことも。
彼は、僕をメスイキさせることに情熱を注いで
いるようです。
僕も、一度のセックスでも身も心もとろける様
に大満足です。

女性でも、本当のオーガズムを知らない人も少
なくありません。なので、ドライオーガズムを
得られる僕は、幸福といえます。

イクのも女性では、深くイク深イキと、浅くイ
ク浅イキがあるそうで(女性に聞いた)僕の場
合は、その両方がランダムに来ます。

深くイッた時は、半分失神しそうな感じです。

彼は、僕をメスイキせるのに夢中です。

結構体力を消耗するのでダイエットにもよさそ
うな感じです。ドライオーガズムは、全身運動
なので、効果がありそうです。

それを一日に3~4回。怒涛の快感です。
(彼と会っている日)
5月の大型連休なんか、お出かけしている以外
は、セックス三昧でした。
自分では、数える暇もないほどに、快感が次々
押し寄せてくるので耐えるのに必死です。
それでも、ほぼ射精は無しです。

何度もイッていると、トコロテン射精をしてし
まうのですが、通常の射精の様に勢いよくビュ
ルルルッと飛ばないので、同じ射精でもかなり
違います。

それにドライオーガズムは、射精しなくても、
充分いやそれ以上に気持ちいい満足感がジンワ
リ身体に残ります。
イッた後の幸福感がたまらまくイイ。

僕は、意識朦朧な気分で何度もイッた後、射精
無しでも気持ち良すぎて変になりそうな気分で
高揚して、むしゃぶりつくように彼の、そそり
立つアレを口に含みます。
そして快感の余韻が残る中で彼のアレを口いっ
ぱい頬張りフェラチオをします。そして、沢山
射精させてあげます。

自分の射精は、そっちのけです。
それ以上に、メスイキは、気持ちいいのです。

自分自身、気持ち良さが腰や股間にジンジンす
る中でのフェラチオは、自分も気持ちいい。
フェラチオされながら彼は、僕の乳首に触れて
きますので、咥えながら喘いでしまいます。
それが、伝わり彼も気持ちいいらしい。
そのせいか、溢れんばかりに僕の口の中に精液
を射精します。

そして、射精後に精液をゴクリと飲み、唇の端
から溢れて垂れた精液を舌でペロリとやる仕草
を見ると大満足な様です。

そして、まだ気持ちいい余韻に満たされている
僕を優しく腕枕で抱いてくれます。
僕は、幸せ一杯な気分で余韻に浸ります。
全身性感帯になったように、後を引く気持ちよ
さが何とも言えない気分です。

そして、僕の射精は、ドライオーガズムを得る
ようになってからは、3~4度目のセックスく
らいで自然にトコロテンの様に精液が溢れ出す
以外では、故意にアレをいじって射精をしなく
なりました。

たま~にアレをいじって通常の射精をすること
もあるのですが、それ以上にドライオーガズム
のほうが圧倒的に気持ちいいし、彼もそれを見
るのが好きになったようです。

 

ドライオーガズムのコツ

オナニー・中性的

写真は、ドライオーガズムを何度かした後で、
乳首だけをいじって、少し勢いのあるトコロテ
ン状態で射精したての瞬間です。
乳首も硬く、ツンツンに立っています。
メスイキの余韻がジンジンしているのが表情か
ら伝わってきます。

白い濃厚な精液が大量にピュルルルッと溢れ出
し、太ももを伝い流れ落ちています。

画像の一部がぼけていますが、勃起しても可愛
い僕のアレが、解るかと思います。
勃起しても、大半が、手に隠れているサイズの
可愛いアレです。

この時は、メスイキした直後なので、そちらに
神経が集中して、8割ほどの硬さの勃起状態で
す(亀頭が包皮に隠れた状態になってます)

それと、見えないけど、会陰部にピンクロータ
ーを挟んで押し当てています。
これが、実に気持ちいい!

トコロテン射精もドライオーガズムで起きる現
象のひとつです。

彼氏にセックスで何度かメスイキされ、その後
乳首を刺激してもらった後で、自分で乳首オナ
ニーでメスイキすること3回。
ようやく捉えてたシャッターチャンスです。
この瞬間をおさめるために彼は、大忙し。
僕は、立て続けのメスイキでちょっとぐったり
です。

ドライオーガズムの場合、いつ射精するか解ら
ないですからね。しかも、なかなか射精には繋
がらないので貴重な瞬間です。

可愛いアレを絶妙に隠すためと射精の方向性を
定めるために手を添えていますが、アレは、擦
ったりは、一切していません。
あくまで乳首と会陰のピンクローターの刺激だ
けで射精しています。

イッている表情が、悩ましい感じですね。
自分のイッた顔を見るのは恥ずかしいです。

この時は、射精する感触はいつもの射精と違い
ドライオーガズムでイッた後で、予期せぬ射精
をしているので妙な感覚です。

ドライオーガズムでイッた後、わずかに遅れて
ピュルルルッ~ッ、ドロロッ、ドロロッという
感じで奥から押し出されてくる感じです。
通常の射精とは、全然違います。
この種の射精では、思ったより多く射精してし
まう感じです(自分でもビックリ)

たぶん、メスイキで行き場を失った精液が溜ま
りに溜まって出てきた感じでしょうか。

そして、射精しても賢者タイムは、来ません。

僕は、ヌードをいつも披露しているのですが、
射精を見せるのは、ヌードを見られるのとはま
た違う究極の恥ずかしさを覚えます。
体内の精子見られちゃった・・・て感じ。

もう、何もかも隠さず(一部画像処理している
けど)見られた恥ずかしさは、もう、なんとも
言えない気分です。
今でさえ彼氏に自分の精液を見られるのは、な
んだか恥ずかしい気がします。
精液って、僕の性の全ての生々しさを一層際だ
たせている感じです。

でも僕の彼は、僕の射精を芸術的で綺麗だと言
ってくれます。

ホント全部見せちゃったって感じ。きゃー!恥
ずかしいです!

 

ドライオーガズムは、性感帯の開発が必要

と、僕のドライオーガズムを書いてきましたが
メスイキへ導く方法は人それぞれ違います。

肛門から指や器具を入れて前立腺を直腸内部か
ら刺激するのがポピュラーみたいですが、僕の
場合衛生面を考えて、それ以外のコツを伝授し
たいと思います。

ドライオーガズムは、その人の体質や開発の具
合に左右されます。簡単に性感帯を触ってもイ
クことが
できません。
長い人だと、性感帯の開発に、一か月ほど要す
る場合もあります。

僕の場合、幸いに乳首がとても敏感だったので
比較的早くドライオーガズムを得ることが出来
ました。それと、乳首オナニーに慣れていたこ
とも影響していると思います。

最大のポイントは、陰茎以外の部位を刺激して
射精できれば、ドライオーガズムへの発展が近
いということです。

第一に、ドライオーガズムの基本は、アレに触
れずに射精できるかです。
えっ、ドライなのに射精?と思う方もいるかと
思いますが、これが出来るとドライオーガズム
を得やすい体質だといえます。

僕を例に感じるポイントを説明します。

もっとも感じやすいのは「乳首」です。

ここが敏感だと、これだけで射精でもドライオ
ーガズムでも得やすいと思います。
乳首をそっとサワサワと軽く刺激して股間のア
レがビクンとするなら乳首イキが出来る可能性
が高いです。

乳首本体だけでなく、胸全体、そして乳輪も刺
激してあげると効果的です。
それから、自分でいじる場合指は、人差し指以
外の指のほうが、他人に触られている様な錯覚
を覚えるので気持ちいいです。

あくまでソフトタッチで硬くなった乳首を転が
す感じです。

乳首をいじるだけで勃起するようなら可能性は
高いかと思います。

僕の場合、胸を大きくさせるためにサプリや豆
乳を飲んでAカップ程に大きくさせた影響で乳
首や乳輪も合わせて、ちょっと大きくなり、そ
のせいか感度も、かなり増した様です。

あまりお勧めは、できないのですが、オッパイ
そのものを発育させるのも一つの手です。
乳腺が発達するのか、感じ方も違ってきます。

そして、乳首だけでなく、陰嚢や会陰、太もも
の内側など、感じる部位を同時に刺激します。

会陰をピンクローターで刺激するのも効果的で
す。僕も、それはよく利用しています。
前立腺に振動が伝わり、ドライオーガズムが早
まるみたいです。

この時、パートナーが居れば、より効果的にド
ライオーガズムに導けます。

自分で触れるより、触れられるのは、何倍も感
じてしまいます。
特に、陰嚢や会陰は、他人に触れられるとビク
ンとするほど感じやすい所です。

僕の場合、彼氏に愛撫されると、最初の一回目
のメスイキは、30分~40分くらい。
早ければ20分くらいでイケます。
(ピンクローターを使った場合)
一度イクと、乳首や性感帯がとても敏感になっ
ているので、次は案外早いタイミングで5分~
10分サイクルくらいで次々とイケます。

でも結構体力を消費するので、連続イキにも限
度があるので休みながらやります。

また、自分では制御してしまうところ、パート
ナーがいると、容赦なく気持ちいいポイントを
攻めてくるので、とても効果的です。

しかし、はじめてドライオーガズムを得たい場
合、開発
が進んでないので容易にイケません。

ですが、焦りは禁物。リラックスが大事です。

とにかく「気持ちい」感覚を持続させます。

ここが、重要なポイントです。射精自体の気持
ち良さを無視して、陰茎や亀頭以外の性感帯で
気持ちい状態
を長く持続させます。

なので、陰茎に触れずにその他の気持ちいい部
位を刺激することに集中します。

そして、初めての時は、なかなかイカないので
補助的に時々擦らずに亀頭のみをそっと撫でて
みてください。
あくまで射精しない程度にソフトに撫でます。

射精しそうになったら性器から手を離します。

慣れないうちは、射精してしまうことも少なく
ないですが、ドライオーガズムでもトコロテン
状態で射精したりするので、めげずに気長にメ
スイキが来るのを待ちます。

イメージは、女性がクリトリス(女性器の一番
上のところにある部位)でイク感じです。
クリトリスが、胎児の時に男性ホルモンを浴び
て変化したのが亀頭なので、同じ感覚なのも不
思議では、ありません。

あと、女性になった気分で感情移入して陰茎以
外を愛撫するのがコツといえます。

僕は、ドライオーガズムで初めての時、イッた
後、やや遅れて2~30秒ほどして気持ちい余
韻の中でトコロテン射精をしました。

なんだ、それじゃウエットオーガズムじゃんと
思うかもしれませんが、慣れて経験を積むと、
何度でも射精を伴わないドライオーガズムを得
ることはできます。

僕も、今では、彼氏とのセックスで6:4くら
いの割合で射精しないままセックスを終えてい
ます。

射精しなくても十分気持ちいいのですが、彼が
僕の射精を見たいので気長にトコロテン射精が
来るのを待っている感じです。
なので、たまには、射精無しでセックスが終わ
ることもあります。

それでも射精した時より何倍も気持ち良く、そ
の余韻が長く持続するので不満はありません。

ドライオーガズムでも、出る時には出ちゃう。
男の構造上しかたが無いことなので、射精をと
もなっても不思議ではありません。

それより、メスイキをするというのに意義があ
ります。
と、言うくらいメスイキは気持ちいい!

興味のある方は、根気よく陰茎に触れずにメス
イキをぜひ体験してみてください。
セックスやオナニーが、爆発的に、より豊かな
ものになるか
と思います。

 

まとめ

ドライオーガズムは、セックスやオナニーでの
射精以外の男性の快楽です。
所謂、女性がイクあの感じ、メスイキです。

男性=射精の概念を覆す、究極の快感です。

それは、まさに打ち寄せる波のように、繰り返
し味わうことができ、射精後に訪れる賢者タイ
ム(急に冷めること)がこないので、気持ちい
い余韻が長時間に渡り続きます。

ただ、体質や性感帯の感度によって、得られる
人は、珍しい存在です。
女性でも本当のオーガズムを知っている人は、
3割ほどなので、誰でもが簡単に味わえない究
極の快楽といえます。

それだけに、味わえる人は幸福だといえます。

もし、体験してみたい場合、焦らず気長に陰茎
や亀頭に触れずに他の性感帯をじっくりと刺激
してみてください。
始めは、射精を伴ってもかまいません。手を触
れずに射精できるなら可能性は大きいです。

ぜひ、めくるめく快感を貴方も味わってみては
いかがでしょうか。

 

お問い合わせ・ご感想など

管理人に送信されます。非公開です。