男の娘でレズを体験。バニラセックスの甘美な世界。

フェミニン男子の僕ですが近頃は、女性の恰好
のほうが多く、フェミニン度が増しています。
むしろ「女性」でいるほうが、しっくりくる感
じがします。

そんなある日、年上の女性からデートのお誘い
を受けました。しかし、それは、僕が女子とし
てのものでした。そうです。彼女はレズビアン
だったので、中性的で女性的な僕に興味を抱い
た様です。

そう、あくまで女として見てのことです。

今回は、アダルトな内容なので、出来るだけ文
学的表現に努めますが、興味のない方もしくは
未成年はスルーしてください。

 

現代の複雑な恋愛事情

同性愛というのは、けっこう昔からあるみたい
で古代ギリシャやローマでは、普通の事だった
そうです。

それがやがて宗教観で男女の恋愛しか認められ
ない様になりましたが、日本では、戦国時代な
ど男性同士の同性愛が認知され江戸時代では、
衆道などといわれる同性愛がありました。

現代は、LGBTに代表されるように、「愛」
の在り方も様々で複雑化しています。

ジェンダーが多様化している現代では、女装し
ている男子と男装している女子のカップルや、
女装男子同士のカップルなど、非常にややこし
い組み合わせも珍しくありません。

ゲイやレズは、カミングアウトしている人も少
なくなく認知度も高くなっているので、マイノ
リティーとはいえないほどです。

男女の関係でも、草食系男子に代表される様な
淡泊な付き合い方や、友達同士の延長の様な微
妙な関係もあります。

セックスレスでも愛し合っているカップルも存
在しているくらいです。

過去の厳しい宗教観が薄れ、今やなんでもあり
といった風情の恋愛事情です。

 

女装男子の恋愛観

僕の場合、中性的美術モデルを目指して身体ま
で女体化させ、普段の恰好はボーイッシュな感
じの女子を演じていますが、気持ちは男性のま
まで女性になりたいとは考えていません。

なので、恋愛事情としては、やはり女性に嗜好
が向きます。

ですが、別の記事で書いた「男の娘でデート」
の様に、その見た目から同性からも興味を持た
れる事もあります。

「男の娘」の場合、基本中身は男。ルックスを
女子で極める趣向です。なので男性には興味が
無く(人によるけど)女子が好きです。
その延長なのか、見た目だけで男の娘同士で仲
良くなっちゃう場合もあったりします。

この場合、同性愛というより、見た目の女子度
がメインなので、レズビアンに近い状態なのか
もしれません。

いずれにせよ見た目が女子なので、事態をやや
複雑にしています。
男性としての恰好をしても中性的雰囲気は溢れ
出しているので、お手入れの行き届いた肌など
女性にとってはライバル的な存在です。

そんな綺麗な中性的な容姿が好きな女性もけっ
こう居る様です。
彼氏が女装した男子というカップルも存在して
います。

平和になると逞しい男性だけがもてた時代とは
違い、中性的男性にも優しさや美しさを求めら
れてくるようです。

現代は、女装しているからと言って単純に女性
になりたいと思っている人だけでなく、またオ
カマさんの様に女装しても同性が好きという人
だけでなく、女装子でも異性が好きという人も
多いので恋愛事情もより複雑になってきている
感じがします。

 

レズビアンのセックス事情

レズビアンは、皆さんが知っている様に女性同
士のカップルを差す言葉です。

男性同士のゲイより実は密かな軽いレズが案外
多いことを知っているでしょうか。

本人同士もレズという意識が無く仲良し。一緒
に居ると癒され和むというセックスなどを伴わ
ないレズビアンの関係もあります。

実は、女性の多くはレズ嗜好を密かに自分でも
気付かないうちに持っている人が多いと言われ
ています。

実際、僕の女友達にもレズは居ますし、バイセ
クシャルの女性も居ます。なので、僕にとって
は、レズは案外身近な存在です。

ゲイの方には失礼かもしれませんが、僕個人と
しては、レズの方が綺麗で好感が持てます。

仲のいい女同士の友達から気が付くと恋愛感情
に近い雰囲気になり、やがてお付き合い。
そしてより親密になっていく。そんな感じでし
ょうか。

そして距離感がより近くなると男役(タチ)と
女役(ネコ)に別れて攻め手と受けといわれる
ものになるそうですが、女性同士の場合、男性
同士とは事情がちょっと違う様です。

愛し合い方は千差万別なのですが、女性同士の
場合、キスとボディータッチ中心になります。
もちろん身体には触れるのですが、8割方キス
に費やす時間が多いと言います。

 

バニラセックス

バニラアイス

皆さんは、バニラセックスという言葉をご存知
でしょうか。

当たり障りのない平凡な味。そこから来た淡泊
なスキンシップやキス中心の挿入を伴わないセ
ックスのことです。

元々は、男性同士の行為が語源だそうですが、
今では男女間のセックスでも行われる前戯中心
のまったりとした行為の一つとされます。

キスを中心に身体に触れあうのが基本です。

詳しくは後ほどに譲りますが、愛の形は様々で
これといった固定したものはありません。

バニラアイスは、単調な味ではあるけど、誰も
が好む味だし、美味しい。
そういう万人受けする要素を含んでいるのがバ
ニラセックスです。

ただ、デメリットとしては激しいセックスを望
む人には、物足りなさが残ることがあります。

 

レズの女性と温泉旅行

それは、ある日の事。
僕がいつもお世話になっているアトリエの主か
ら「ねえ、一緒に温泉にでも行かない?」と、
お誘いを受けました。

アトリエの主は、10歳程年上の女性です。
壇蜜さん似のちょっと憂いを含んだ妖艶さを持
つ美人です。

ちょっと考えたけど断る理由も無いので軽く
「いいですよ」と返事をしました。

思えば、男女の温泉旅行ですから、意味深だと
思わなければいけないのですが「当日は、女の
子の恰好でね」と言われ、不思議だとは思いつ
つその通りにしました。

当日は、彼女の車で温泉地を目指しました。
僕は、女友達に借りたスカート姿。メイクもい
つも以上にしっかりしての出で立ちです。

車中の会話で彼女は意外な発言をしました。

「私ね。実はレズなの。」

綺麗なのになぜか男っ気が無いのが不思議だっ
たのと、僕に女装させた理由が解りました。
と、言っても僕は現実には男です。
見た目は、女の子を演じてみても中身までは、
変わりません。

「君みたいなショートの子が好きなんだ。」

彼女は、運転しながら言います。

「でも、僕、一応男ですよ。」

そう言うと、にっこり微笑みながら、旅行中は
「女」になりきっていてと言います。

目的地までのチェックインまでの時間、近くの
観光地を巡り時間をつぶします。
その時、彼女は「手繋ごうか」と僕の手を握っ
てきました。

男女だから別に不思議じゃないのだけど、見た
目にはレズカップルです。僕は、ちょっと緊張
しながら、おしとやかに従います。

彼女は、年上でも美人なのでちょっと憧れの人
でした。こうして接近できるなら、レズもどき
でもいいか、なんて思いながら複雑な関係の旅
行は、目的地の温泉へと向かいます。

 

フェミニン男子が女に成りきってみる

旅館は、日本有数の温泉地ではなく山奥の鄙び
た静かな温泉地でした。

宿は、貸切風呂以外にも部屋風呂もあるところ
で、今回は、部屋風呂付きです。

普段からモデルの僕の裸を見ているので、気を
使ってくれているのが感じられました。
身体も中性的な容姿で、胸がAカップ程あり女
性的な身体の僕は、堂々と男湯に入れないこと
を知ってのことだと思います。

夕食は、部屋食なので、付くと早々に浴衣に着
替えて貸切風呂に入りました。
僕は、日常的に彼女の目の前で裸になっている
のでいいのですが、彼女のヌードを見るのは、
好奇心もありドキドキしちゃいます。

こういうシチュエーションで、大事な所が反応
しないかって?僕の場それは平気。別な女友達
とも貸切で入ったこともあるし、モデルでWポ
ーズといって男女でポーズを取ることもあるの
で、案外平常心でいられます。

それでも、今回は意味深な二人っきり。
ムードはあるし、彼女の裸は妖艶でセクシーな
ナイスバディーです。
変化しなくても大切な部分が疼きます。

「男なのが不思議なくらい綺麗ね」

彼女は、僕の姿を見ながらのんびりした口調で
湯に浸かりながら寄り添ってきます。
僕はドキドキしながら露天の景色を眺めます。

女性になりきるといっても、ごく普通の健康的
な男子ですから、股間の変化が心配。
でも、リラックスしつつ「女」を演出するのに
務めてみました。

 

複雑な関係。女装レズの夜の世界

美味しい夕食を食べた後、しばし会話してから
部屋風呂に入ってみました。

お酒が入ったせいか、さきほどよよりリラック
スなムードです。
狭い湯船なので嫌が上でも距離が縮まります。

「キスしてもいい?」

きた!うっすら期待していたのですが、いざと
なると緊張します。まるで初体験の女の子みた
いな気分です。

彼女は、そう言って僕の肩を抱き寄せます。
今回、僕は受け身の設定のようです。
男女の普通の恋愛でも、女性上位で受け身だっ
た僕には、そうしたシチュエーションは慣れて
いるので、自然に小さく頷き目を閉じます。

優しいフレンチキス。そして首筋や鎖骨に唇を
這わせます。その繊細なテクニックの凄い事、
僕はたちまち彼女の虜になっていきます。

チョロチョロとかけ流しの源泉が流れる音だけ
の静寂の中で、僕はしばし時を忘れ彼女の行為
に身をゆだねます。

やがて、湯船を出るとタオルで身体を拭いてそ
のまま布団の上へ。

「可愛いオッパイ・・・」

彼女は、僕の小さな胸の膨らみを優しく撫でて
いきます。性器以上に感じる部分なので僕は、
たまらず声を漏らすと身を捩じらせゾクゾクと
した感じとドキドキした気持ちで彼女に全てを
任せていきます。

そしてキスの応酬は激しさを増してきます。同
時に細い指先の繊細な手つきで全身のボディー
タッチが僕を快感のさざ波へ誘います。

始めはくすぐったいような感じだったのですが
次第に気持ちよくなっていきます。

しかし、男性の大事な部分へは触れません。
ギリギリをかすめるように指先が触れますけど
胸や乳首中心に攻めてきます。

わざとなのか性器には指一本触れません。

僕の男性器は、いつしか10㎝足らずだけど精
一杯小さいながらにもピョコンと主張し、肌色
の包皮の中から桜色の先端を僅かにのぞかせる
状態になっていますが、彼女は「大きくなって
もかわいい」と言うだけで手を触れません。
そして、「これがなければ完璧なのにね」と耳
元に囁きます。

彼女に反応してしまった自分の大事な部分を見
られて恥ずかしい感じ。美術モデルでヌードを
見せているのとは異次元の世界です。

しかし、全身に走る快感は、通常のセックスと
違い、今回の方が圧倒的な強さです。
めくるめく気持ちよさに僕は、男なのを忘れた
様に喘ぎ声を漏らし身を捩じらせます。

たぶん女の子ってこんな感じなのかなと錯覚す
る感じです。

 

ドライオーガズム

どのくらい時間がたったのでしょうか。
彼女は、優しく語りかける様にキスとボディー
タッチをしながら僕の身体を褒め優しく愛撫を
続けます。通常のセックスでは味わったことの
無いロングタイム。僕は、気持ちよさに喘ぎ続
けます。

僕は完全に受け身な状態です。しかし、彼女も
感じている僕を見ながら興奮している様です。

と、彼女が僕の胸の小さな丘の頂上にある突起
を舌で優しく、やがて激しく刺激してきた時の
事です。それでなくても感じる部分です。彼女
の舌先の刺激はこの上ないものでした。

(あ、やばい。出ちゃいそう)

僕は、射精しそうな感覚になり、我慢しようと
思ったのですが、間に合いそうにありません。

股間がキュンとなり僕は、たまらずに身体を硬
直させて激しい快感を覚えました。

「あぁっ・・・イクっ」

ところがです。???

あれ、射精していない!

止めども無く溢れ出す透明な粘液が滴り落ちる
以外に、本来出る物が出ない!?

でも、あの感覚と同じ。いやそれ以上に気持ち
いい感覚が確かに走ったのです。そしてそれは
一瞬でなく、まったりと余韻を残し押し寄せて
くる感じでした。

これは、後で知ったことですが、ドライオーガ
ズムというものらしいです。

射精を伴わないせいか、賢者の時間(射精後に
急に冷静な状態になること)が訪れない為に、
気持ちよさが途切れることなく持続します。

女性とのセックス体験ももちろんあるのですが
女性の気持ちよさに対して、男性は射精後に急
に冷めてしまうのが、ちょっと残念だったので
すが今回は、それがありません。

僕は、そのあと数回快感の絶頂を迎えたのです
が一度も射精せずに余韻に浸るように彼女に抱
きしめられたまま眠りにつきました。

それは、まるで本当に身も心も女の子になった
気分でした。

 

まとめ

今回は、ちょっと(かなりかな?)エッチな内
容になってしまいましたけど、セックス事情に
も色々ある事を真面目に且つ克明に描写してみ
ました。

生々しさを感じた人もいるとは思いますが、こ
うしたことは健全?な性の営みの一つです。
僕自身の体験を描くのは恥ずかしいのですが、
リアリティーを追求する為の挑戦です。

女装してレズ。でも、セックスの時は完全に男
の変化の部分を隠せないのですが、やり方次第
で、女性の感覚を疑似体験できました。

今回思ったのは、レズではキスが中心になる事
です。キスは、前戯の一つですが、これだけで
もかなり盛り上がる事が解りました。
キスを侮るなかれです。

挿入を伴わないセックスもありなんだなと、変
わったシチュエーションで愛の表現を知った体
験でした。

 

お問い合わせ・ご感想など

管理人に送信されます。非公開です。