たかが脱毛、されど脱毛。ツルツル肌で分かったコト

 

フェミニン男子のharumiです。

美術モデルという人に見られる仕事柄、美容と
健康には特に気を使っています。

脱毛は、女性にとっては、日常的なケアですけ
どフェミニン男子とはいえ、男ですから今まで
知らなかった分野。

今回は、脱毛して知った、様々な想いを書いて
いきたいと思います。

 

ツルツルにします

そもそも、なぜツルツルにしようと思ったのか

「お仕事上必要だったから」です。

以前から、多少はお手入れをしていました。
でも、清潔感ある程度に毛先を短くしたりする
程度。元々、量が少ないので、毛深い感じはあ
りませんでした。

女性のチョット毛深い程度でしょうか。

興味は少しあったけど、お金と時間をかけてま
でやろうとは思いませんでした。

それに完全にツルツルにしちゃう勇気もありま
せんでした。

それでなくても中性的なのに、余計に・・・

男性モデルは、そこまでは本来求められないの
ですが、僕の場合は、「中性的な雰囲気」を買
われたので期待に添えるようにしてみました。

 

 

ツルツルにするよ

 

いよいよ、脱毛へのトライです。

今回は、悪戦苦闘?の毎日と無駄毛処理で感じ
た「女心」を中心に語ります。

思ったのは、無駄毛ないって心地いいですね!

脚、腕、脇の下・・・せっせと除毛スプレーで
処理していきます。

スプレーして放置。と、溶けていく。
どんどん抜けていきます。
完全ではないけど、予想以上に強力です。

これは、面白い!と、調子に乗ってスプレーし
ていたら、少し残したい部分まで・・・
それでなくても少ないアンダー部分が、余計に
少なくなっちゃいました。

除毛スプレー恐るべしです。

元々それほど濃くないので女性用のアイテムで
まあまあ。多少は抜けない毛が残りますけど十
分みたいです。(根元が残るけど・・・)

使い方を工夫すると、毛根からスルッと抜けま
す。いかに浸透させるかがポイント。

ただ、肌が弱いほうなので気になっていたので
すが、今のとこトラブルは最小限です。

初めは、全身だったので時間がかかりました。
でも、案外アッサリと脱毛できちゃいました。

 

脱毛で気分一新

 

元々少ないといっても、あった毛が無くなると
嘘みたいな肌触りになります。

自分の身体じゃないみたいです。

まるで女性になった感覚です。

なんともいえない違和感。同時に清潔で快適な
気分です。無駄毛が全然無いと、身体が軽くな
ったような気がします。

ズボンを履いた時の脚の感触が、妙にスムーズ
で気持ちがよかった。

特に腋の下を除毛すると異次元感覚です!

「女性って、こんな感じかぁ」

ツルツルになった腋の下の感触で女心インスト
ール。嫌でもフェミニンな気分になります。

 

「ツルツルにするとき」自分再発見

 

どうせ見せるなら、とことん綺麗にしよう。
そう思って、全身くまなく処理しました。やり
始めると凝るのが男のさが。

脱毛してみて自分でも驚きました。

色白な肌と相まって「女らしさ」に磨きが・・

毛が無いと、余計に肌が白く見えるんですね!

美術モデルをするにあたって、聞いてみたら
一応処理したほうがイイとは言っていたのです
が普通、男性に対しては、そこまで求めないそ
うです。
でも、腕や脚程度は、綺麗にしするみたい。

脚や腕は、ともかく脇がツルツルははチョット
(かなり)恥ずかしいです。

でも、意外にも「イイネ」でした。

全身ツルツルでも違和感ないそうです。
むしろ自然な感じだと。

んっ。それでいいのか。男の僕。

中性的な雰囲気の方が、ウケがいいみたいです

これからも、そのように(女性らしく)身体作
りしてね。と、リクエストされちゃいました。

中性的な雰囲気が・・・本当に中性的に。

自分の新たなジャンルを切り開いてしまっ
たみたいです。

結局、エイッと思い切って除毛したら、
やめられなくなってしまいました。

一つは、仕事のため。もう一つは、チクチクが
嫌だから。綺麗に除毛したつもりでも、抜けき
らないのがあるし、数日もすると、まばらに生
えてます。それを毛抜きで抜きます。手間がか
かりますね。

それに、お金もかかる。

キレイを維持するのって、けっこう大変ですね

 

男の無駄毛処理は、ちょっと敷居が高い

脱毛は、女性には日常なことですけど、
男性の場合、トライするには、ちょっと悩みま
す。最近は、男子でも脱毛をしているみたいだ
けど、まだメジャーじゃないですから気が引け
ます。

でも、一度やるともう、後には引けません・・

でも、完全ツルツルは目立ちすぎ。かな。

男もツルツル肌で平気な世の中にならないかな

女装は、趣味じゃないけど、今なら
「ホットパンツ」いけちゃいますよ(笑)

 

 

「ツルツルにすれば」気が付いたこと

 

脱毛した後で、ふと気が付いた。

「あっ、温泉に行きづらいじゃないか。」

「一人旅」が、ささやかな楽しみだったのに

えっ?なんでって。

だって、色白でツルツルの人が入ってきたら目
立つでしょ。
それでなくても、中性的な身体つ
きです。
ベースが女性的なわけで、一層磨きが
かかると、ガン見されるのは確実です。
(体験上、今までもそうです)

プールや海は、泳げないので行かないからいい
として、温泉好き、旅好きの僕としては、大問
題ですね。

いつも、美術モデルで、見せているのに?
そう、思いますよね。
あれは、また特別な空間で「お仕事」ですから
普段、裸をジロジロ見られるのは、嫌です。

あと、些細なことだけど、夏時期のハーフパン
ツ。あれ、涼しいから好きなんだけど、
目立つよな…ツルツル美脚(自分で言うな)

暑い日、自宅で仕事中は、ショートパンツと
ノースリーブで快適作業しています。

そんなある日、宅配便が届いた時ですね、
うっかり、そのまま玄関に出ちゃいました。

「あ、今日は、ずいぶんラフな格好ですね」
「暑いから・・・」
「メチャ脚きれいじゃないっすか!」
「毛が無くて逆にみっともなくてさ(ウソ)」
「一瞬、女性かと思いましたよ。」

顔馴染みだけに、ちと焦りました。

でも、ツルツルでも別に問題なさそうだ。

自信を持って脚見せできるかな?

 

ツルツルをカミングアウトしろ!

 

ちょっと時系列で追ってみました。

 

1.美術モデルを頼まれた

2.除毛してツルツルになった

3.よけいに中性的になった

4.フェミニン男子に気付いた

5.肌メンテで女心が少しわかってきた

6.律儀な性格で、メンテを怠らない

7.ますますフェミニンな感じに

8.まあ、これもアリかなと思い始める

 

除毛する前から、肌メンテは、普通の男性より
マメだったと思います。

化粧水、乳液、日焼け止め。サプリメント。
乾燥肌で弱い肌質だったので成り行きだったけ
どけっこう手入れは、していました。

その延長で無駄毛処理は、それほど面倒とは思
いませんでした。

自分に肌に合う除毛剤や抑毛剤、ボディーロー
ションを探したり、効果を計測してみたり・・

だんだん再生してくるスパンが長くなり生えて
くる量も、太さにも変化が。

こういう実験的なことって、好きなんですよ。

さらに自分で試して、人の役に立てば嬉しいで
すね。ただ、お金かかりますね~時間も。

「綺麗な肌」という目的にアプローチしている
僕のやり方、実は男性ならではのこと。

男って意外とマメでこだわる性質があります。

男って趣味とかには、細かく研究熱心じゃない
ですか。車、バイク、カメラとか、こだわるの
が好きなんですよ。フムフム、この除毛剤の成
分は…と、いう具合に細。

それを美容に当てはめれば、どうなるのか。
わかりますよね。

 

どうせ女っぽいなら、極めちゃえ!

そんな悪魔?の囁き、誘惑に駆られる時があり
ます。中途半端に中性的というのも、案外アン
バランスだから、より女っぽくしよう。

基本、男のファッションですから地味ですし
夏場は、女性の服は涼しそうでイイなと思いま
す。ボーイッシュ系でナチュラルメイクならい
けるか?

そんな風に出来たら楽なんですが、案外シャイ
な僕。女装したら、それはそれで面白いでしょ
うけど、ちょっとジャンルが違うと思う。

その素質があっても、あえてギリギリの線にと
どめ「中性的」というジャンルは守ろうと思い
ます。

 

 

まとめ

「女」の気持ちを本当に知りたいなら、
まずは「女」になってみる。

もちろん内面まではわかりませんけど、
体験すると女性の大変さが分かります。

今回は、脱毛からトライしたわけですが、たっ
たこれだけ(実際は面倒だけど)のことで、
かなり気分が変わります。

その新たな自分の状態を維持していくのが、こ
れまた大変。トライより大変です。無駄毛のな
いきめ細やかなみずみずしい白い肌を目指すと
奥が深いですね。

そもそもの無駄毛を減らすには、女性ホルモン
が多くなる食事やサプリが必要ですし、身体の
中からもアプローチしないといけません。

もう一つわかったことがあります。

綺麗になるって、けっこう快感ですね。

 

お問い合わせ・ご感想など

管理人に送信されます。非公開です。